お手当アロマ①

ブログの名前にあるaromanooteate【アロマのお手当】
産後、心も体も不調な日々をどうにかしようと思ってアロマ教室に通いはじめた私。
教室ではじめて作ったのは、【腰痛オイル】でした。もともと腰痛もちの私、市販の冷湿布だとかぶれてしまうようになり、そんなものが作れるならと作らせてもらいました。
早速塗ってみたらすごくよくて。効果はあるのにかぶれない!
それからメディカルアロマにひかれていきました。
「風邪ひいたかな?」といった時も薬に頼るまえの初期段階でのお手当的な使い方もできます。
ご自分をいたわるだけでなく、家族や大切な人たちにもお手当なアロマテラピーを取りいれていただけたらと思います。
講座などでも、自分自身の精油の活用法?をお話ししたりするのですが、
ブログでも少し載せてみようと思います。不定期ではありますが(>人<;)
①の今回は、【腰痛オイル】です。
数ある精油の中には、痛みを和らげたり、炎症を抑えたり、筋肉のこわばりを緩めてくれたりする作用をもつ精油があります。
その作用を組み合わせて、腰の痛みを和らげてくれるオイルを作っていきます。
いろんな組み合わせができますが、
私は、ウィンターグリーン、ローレル、ペパーミント、ラベンダースーパーをブレンドしています。
今回はその中で、ウィンターグリーンについて、すこし説明を。
d0236780_1365792.jpg

ウィンターグリーン。名前は爽やかななグリーン系の香りを思い浮かべますが、嗅ぐと誰もが「あっ!湿布?!」となります。メントール系の強い香りが特徴的です。
私は大好きです(笑)
この精油の特徴は、市販の湿布などの主成分にもなるサリチル酸メチルが多く含まれていること。いや、95%以上なのでほとんどですね。
作用は、炎症を抑えてくれたり、痛みを鎮めてくれたり、筋肉の痙攣を鎮めてくれたり。
いかにも、腰に効きそう作用が。
ただ、アスピリンアレルギーの方は使えませんし、敏感肌の方は濃度に気をつけて使用します。
d0236780_1365819.jpg

オイルのベタつきが嫌なときはジェルに変えても!
次回は女性の悩み?PMSと生理痛のレシピについて。
[PR]
by tomotomorinn | 2013-06-13 09:38 | あろま